ひっそりと再開

実に4年半ものブランクを記録してしまいました。数年前までは「物理 酒」で検索をかければ上位に本ブログが表示されたものですが、今では探すだけで一苦労です。もはや誰も見ていないであろうブログですが、ひっそりと再開してみたいと思います。今回はどれだけ続くでしょうか。

また、はてなダイアリーはサービスを終了するらしいので、近日中にはてなブログに移行したいと思います。ただ、エクスポート機能にはまだバグが有るらしいので、続報が有ったらトライしてみます。

高額当選金?現実的な確率?どのくじにする?

ジャンボ宝くじやロト等、いくつかのくじが有ります。6億円も手に入ればまさに生活は一変するでしょうが、その確率を見るととても当たるとは思えません。ならば現実的に当たる金額とくじはどれでしょうか。【宝くじ公式サイト】に公開されているデータを整理してみました。

*1 *2 *3

横軸に当選金額、縦軸に当選確率として各賞の分布を見てみると、同じ当選金額でもくじによって確率は大きく異なる事が分かります。「期待値○○」は各賞の期待値*4が「○○円」になるラインを示しています。

確率が1/100〜1/1000位なら気長に待っていれば当たる事もあるでしょう。当選金は1〜10万円なので生活が一変とまでは行かないまでも、ちょっとした贅沢や何かの足しになったと実感出来る金額だと思います。この中で期待値が比較的高めなナンバーズがオススメだと私は考えます。皆さんならどれにしますか?

*1:クラッチは題662回のデータを使用

*2:ロトはHPに記載の理論値を使用

*3:ナンバーズは3個の数字がすべて異なる場合の理論値を使用

*4:当選金額×当選確率

テレビ

我が家のテレビはPCに追加したチューナーボードで見ている。ところが最近は調子が悪く、再生が止まってしまったり、最悪フリーズしてしまう。グラボまたはディスプレイのドライバが原因らしいがアップデートしても直らないので買い換えを検討し始めた。

そんな中で年末に電気屋に行ったときにテレビコーナーで驚いた。どれも大して変わらないと思っていたのだが明らかに違うものが有った。同じものを写しているはずなのに何故こんなに動きが滑らかなのか。これがソニーの4倍速駆動のなせる業か。最近電気製品を余り欲しいと思わなかったけど、これは欲しくなった。

電気屋行ってきます。

NISA

某社に証券口座を持っているので同じ所にNISA口座も開設しようと思っていた。中々資料が来ないからどうなっているんだろうなぁ、と思っていたが、来ないのも当然だった。住民票を撮りに行くタイミングが難しいので取りに行くのを保留にしていて、申込書類を送るのを忘れていた。

今の市役所は土曜日は12:30まで開いているので早速取りに行ってポストに投函してきた。まあ気長に待ちましょう。

今年は

今年はよい年でありますように。毎年のように言っているが、毎年同じ事の繰り返しに陥ってしまう。

実はそれは当たり前な事で、単純に自分が変わってないだけの事だ。なので今年は行動を変えてみた。先ずは生活習慣を変え、生活環境を整える。長年の蓄積が大きいので少しづつではあるが。放っておくと改悪のスパイラルが回ってしまうが、意識して改善のスパイラルが回るように変えて行こう。

謹賀新年

2014年が始まりました。今年もよろしくお願いします。

さて、皆さんは年末ジャンボ宝くじを買われたでしょうか。5億円、はたまた7000万なら、、、と夢を見たかもしれません。私は今まで殆ど宝くじを買わなかったのですが、今回は珍しく買ってみました。結果は300円しか当たりませんでしたが。

実は結果は分かっていました。何故なら期待値がとても小さいのです。宝くじ1枚当たり300円で購入できますが、その期待値は149円*1なのです。これは負け戦ですね。だけど人間と言うのは不思議な物で、負けると分かっていても当選金の大きさに夢を見てしまうんですね。

さて、次回はどうしようかな。

年末ジャンボ

当選金[JPY] 本数 確率 期待値[JPY]
1 500,000,000 1 1.00E-07 50.0
前後賞 100,000,000 2 2.00E-07 20.0
組違い賞 100,000 99 9.90E-06 1.0
2 1,000,000 30 3.00E-06 3.0
3 3,000 100,000 1.00E-02 30.0
4 300 1,000,000 1.00E-01 30.0
晦日特別賞 50,000 3,000 3.00E-04 15.0

年末ジャンボミニ

当選金[JPY] 本数 確率 期待値[JPY]
1 70,000,000 10 1.00E-06 70.0
2 7,000,000 20 2.00E-06 14.0
3 700,000 200 2.00E-05 14.0
4 70,000 1,000 1.00E-04 7.0
5 7,000 20,000 2.00E-03 14.0
6 300 1,000,000 1.00E-01 30.0

*1:正確にはジャンボは148.99、ミニは149.00です。

走行距離と燃費の関係

最近給油の度に車に表示されている走行距離と燃費、ガソリンの単価と給油量を記録し始めた。約1年分のデータを解析した所、それっぽいグラフが出来た。

データ収集のタイミングと方法

まずタイミングは給油する時である。集めたデータは車の積算走行距離・走行距離(毎度の給油のタイミングでリセットしている)・燃費(給油のタイミングでリセットされる)の3つとガソリンの単価・給油量・支払金額だ。データ収集時に急いでいる、またはサボったなどの理由でデータの一部は欠損しているが、欠損部は推定するなどして補っている。

データ解析

限られた情報なので得られる情報は限定的である。ここでは燃費に着目して傾向を見出す事を目指す。
まず、横軸には一日当たりの走行距離を取った。これが長いほど街乗りが少なく、遠出したと推定出来るからだ。それと縦軸に燃費を取ってグラフ化した。

目論み通り一日当たりの走行距離が短いほど燃費は悪い傾向が出ている。しかし遠出した時のデータは給油タイミングが数日ズレただけで走行距離が何倍も変わってしまうので誤差が大きくなる。またデータ数が少ないのでこの部分の傾向は多くのデータが集まってから議論した方が良さそうである。
なお、グラフ中に書き入れたグループの内長距離側は確実だが短距離側は推測である。その辺の情報も上手く集められると良いのだが、今の所手間をかけずに収集する術が無い。

また回帰式を表示しているがクラス分けしてからの方が良い傾向が見出せるかもしれない。

所感

簡単に取得出来るデータに限られているがそれなりに傾向らしき物は見出せる様だ。月毎の傾向も見ようとしたが1年分のデータしかないので来年以降に有用な見識が得られる様だったら追加報告する。